早漏の定義を知って裏技を使おう

よく言われるのは女性が満足することができなければ早漏と言われることが多いです。また挿入後5分以内で射精しているのもその枠組みとして認識されていることも多いです。しかし早漏にはしっかりとした定義があります。膣内挿入前、もしくは挿入してから1分以内の射精、まったく我慢できない、そして射精をコントロールできないことで性行為をすることが苦痛になることが早漏の定義とされています。ただ定義だとしても、女性が満足できない、もしくは早いことを指摘されれば早漏になると言えるでしょう。気になるのであれば改善を試みることをおすすめします。

画期的な医薬品が発明され、多くの早漏で悩む男性を救っています。それはダポキセチンが配合された医薬品です。従来の改善品は男性器を刺激から守るものが多かったですが、この医薬品は脳内をコントロールすることで改善を試みます。性的興奮を感じ射精をするときになるとノルアドレナリンが脳内で分泌されます。それを抑えるのがセロトニンであり、射精をコントロールすることができない男性はこのセロトニンが少ないことが指摘されています。それを多くするのがダポキセチンです。早漏前よりも3倍ほど射精までの時間が延びた報告もありますので、性行為の裏技として活用することができるでしょう。

脳内をコントロールすると書くと、リスクが高い医薬品のようにみえますが、比較的安全性が高いですので、男性の多くが服用できる医薬品です。ただ医薬品を服用するときに注意しなければならない心疾患や肝臓腎臓に障害を持っている人、もしくは医薬品を常に服用している人はリスクが高まる危険があります。主治医と相談して早漏改善薬を服用してください。

ページトップへ