早漏は嫌い、ソフトタッチをすると

早漏とは、性行為をした時に射精に陥る速度が速い人に言われる言葉です。快楽に負けてしまうとすぐに出てしまうので性行為をしているときは真面目なことを考えている方法が遅くさせる秘訣です。そんな早漏ですが、女性の間では嫌いだという人が多いです。理由として性行為を長い時間楽しむことが出来ずすぐに終わってしまうことが理由に挙げられます。好きな人との性行為は長く続けたいと思うのが女心です。そんな早漏ですがどのような方法をとると遅く射精を出来るようになるのかとても気になります。その方法としてソフトタッチする方法があります。ソフトタッチとは優しく下半部に触れることで、敏感に触ってしまうと早い射精につながってしまいます。前戯としても女性の方が優しくソフトタッチすることでよくなることがあります。自分一人でしているときもなるべく時間をかけてすると満足のいくものができます。早いからいいというものではなく、なるべく時間をかけるように意識することで早さの意味も変わってきます。挿入している時に、萎えるほどではありませんが真面目なことを考えていると遅く射精することがあるので、気持ちよさに負けてしまわないように心がけるのが一番です。女性側を満足させてあげたいなら自分の快楽ばかりを優先するのではなく、女性側をたくさん愛してあげることで二人の仲も取り持つことができます。それでも気になる場合、性行為を行う前に、一人で一回しておくことでも遅くなります。一回するということは感度が鈍って遅く射精をすることができるので一石二鳥です。このような工夫をすることでよくなることがあります。経験もものを言うので何度も性行為に挑むことが大切となっています。

ページトップへ