早漏は遅漏よりも自然に改善する確率が高い

早漏に悩んでいる人は多いものですが、これは遅漏から比べるとずっと改善をするのが楽なものですから深刻に悩む必要はありません。
射精を我慢するというのはいくらでもコントロールをすることができ、刺激を与えずに射精をしてしまうという人はそうそういませんから射精をしそうになれば刺激を止めれば済むだけの話です。
しかし、遅漏の人というのはそもそも射精をすることができないわけですから、射精を早めようとするのは難しいものがあります。
早漏の場合には刺激を弱めれば射精の時間を伸ばすことができますが、遅漏の場合には刺激を強くしなければ射精までの時間を早くするということはできません。
刺激を強くするのは性行為をしている場合には限度があり、女性の膣内の刺激というのはそこまで強くありませんから遅漏の人が射精までの時間を改善するのは簡単なものではありません。
刺激に耐える訓練は比較的簡単でも、刺激に敏感になることは簡単なものではありませんから早漏は遅漏よりも改善の余地が大きくある程度良くなることができるのです。
ただし何もせずに改善をするということはなく、それ相応の訓練が必要となりますから本気で悩んでいるのであればしっかりと訓練をする要因しましょう。
早漏を改善するというのは男性にとってかなり我慢の必要なものであるため、苦しいかもしれませんが本気で悩んでいるのであればそれだけの訓練をする必要があります。
基本的な訓練の方法としては射精のぎりぎりになれば刺激を止め、落ち着いてきたところでまた刺激を繰り返すという方法が基本になりますから、射精をしたくてたまらなくなってしまうかもしれませんがそこはこらえてとにかく刺激に慣れるようにしてみましょう。

ページトップへ