早漏対策と挿入時の中折れリスク

性交渉の際の早漏に悩んでいる男性は多いと思います。実際に挿入してから1分ほどで射精してしまう場合は早漏だといえます。早漏は年齢が高くなると段々と改善してくるとされているのですが、年齢を重ねても症状が改善しない場合もあります。早漏の症状を緩和させて性生活をより良いものにするためには、症状を改善させるための対策を行う必要があります。症状を改善させる対策として一番有効とされているのが、性交渉の際に物理的に刺激を抑える方法です。これは局部に刺激を抑えるクリームを塗りつけたり、コンドームを二枚重ねるなどの方法です。このような方法の場合刺激が大きく低下するので、早漏の対策には大きな効果があるのですが、快楽が少なく挿入後中折れしてしまうことがあります。そうなってしまうと元も子もないので、刺激を低下させる方法の場合には局部に塗るクリームの量を調節したり、コンドームのメーカーや種類を細かく選択するなど、様々な工夫が必要です。また刺激を低下させる方法を行うと精神的な興奮にも影響があり、勃起不全などの症状を引き起こす可能性があるので、刺激を低下させる方法を行う場合には注意が必要です。またその他の対策としては、包茎の方限定の対策となってしまうのですが、美容整形のクリニックにおいて包茎手術を受ける方法があります。この方法は日常の刺激を増加されて、刺激に慣れることで早漏の症状を緩和させるやり方です。このようなやり方だと、性交渉の際に色々と気を使うことがなく、性生活をエンジョイすることが出来るので、ストレスなく早漏対策が行えます。ですが手術が必要なので当然リスクがありますし、費用も手術時にかかってしまいます。

ページトップへ